プロフィール

aoya3

Author:aoya3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

被災漁師の心意気


被災漁師の心意気<<風評被害をぶっ飛ばす!>>


今週月曜日から、海守事務局には第二次震災支援物資が大量に到着しております。皆様のご協力にあらためて御礼申し上げるとともに引き続きのご支援をお願いいたします。

国難とも表現され、未曾有の被害をもたらした今回の大地震ですが全国約66,000人の海守会員には漁業関係者も多く、私たちの食を支えてきた漁業が受けた壊滅的な被害状況が徐々に私たち事務局にも届いています。

その被害状況は筆舌に尽くしがたいものがありますが、漁師にとって船は命であることをあらためて思い知らされた記事をご紹介します。

≪以下、共同通信社より≫ 家はなくした。

でも、おれには船がある。岩手県大槌町の漁業佐々木憲正さん(65)。

3月11日の地震後、すぐに漁船「昭福丸」(9・3トン)を沖に走らせ、津波から船を守った。

「船がおれらの財産だから」。

今は漁港に留めた船で寝泊まりし、漁が再開できる日を待ちわびている。 

地震に遭ったのは、町でパチンコを楽しんでいたとき。

経験したことのない激震。「津波が来る」と直感した。すぐに切り上げて車に乗り約2・5キロ離れた赤浜地区の漁港に戻った。

「地震が来たら、沖に逃げろ」は漁師の共通認識だ。昭福丸のエンジンを掛けた。

海面はどんどん高くなる。

船と岸壁を結んでいたロープがピンと張った。

手ではほどけない。

ナイフで断ち切った。

後は全速力で岸を離れるだけ。

振り返ると、波は集落の防潮堤を越えそうになっていた。
がれきや大量の漂流物で帰港できず、大槌湾の外で一夜を明かした。町が燃えていた。

翌朝、戻った。自宅がなくなっているのは海から見えた。

「ひどい」。言葉を失った。避難できなかった漁船はほぼ全滅だった。

妻と、2人の子どもたちは避難所で暮らす。だが佐々木さんは食事のとき以外は避難所には入らず、船で寝泊まりしている。

余震が続き、また津波が来るかもしれない。「船にいれば、すぐ沖に出れっから」。

中学を出て漁師になった。

船さえあれば食っていける。

肝心の漁には出られない日が続く。

はやる気持ちを抑え、今は津波で散乱した漁具の手入れをして、1日を過ごす。

一人が横になればいっぱいの船内で、自らに言い聞か
せるように語った。

天災だ。仕方ねえ。前向きにやるしかねえから」海守

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

東日本大震災に対する支援活動助成」募集のご案内

umimori.jpg

マグニチュード9.0という巨大地震と大津波で多くの方々が被災されました。

謹んでお見舞いとお悔やみを申し上げます。

被災者の方々は、想像を絶する地震や津波による被害、さらに予断を許さない原発事故の状況下で、心身ともにぎりぎりの状態で毎日を過ごされています。

そして国民の誰もが「何とかして力になりたい」と思っています。

その思いを、具体的な行動に起こす時が来ています。

被災者の“心の復興”を支えるのは、人と人との関わり以外にありません。

私たちはそのことを、1995年の阪神・淡路大震災以降続けてきた災害支援を通じて身にしみて感じています。

日本財団ROADプロジェクトでは、今回の災害における様々な支援活動をされようとしている皆さまに対して、その活動資金の助成を始めます。

内容は次の通りです。

1.対象団体 特定非営利活動法人(NPO法人)やボランティア団体、その他の公益法人

2.対象事業 「東日本大震災」による被災者・被災地支援に関わる活動
主に以下の視点で審査を行います。
 1 緊急性を有するもの
 2 被災者・被災地のニーズに基づくもの
 3 活動状況を広く社会に公開できるもの

3.助成金の上限金額 100万円  補助率100%

4.対象経費 事業の実施に直接必要な経費

5.事業の実施期間 原則として、2012年3月31日まで

6.留意事項 事業の実施後、助成金の使用記録を含む活動報告書をご提出いただきます。その他、決定時にお送りする規約を遵守してください。

お問い合わせ先 〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル
日本財団災害支援コールセンター  TEL:0120-65-6519

【申請手続き】
1.申請方法
 WEB申請 以下の入力フォームから必要事項を入力してお申し込みください。

https://spreadsheets.google.com/viewformformkey=dGxLTDJRMklaWXQzRFVVUGdySnc5aUE6MQ 2.受付期間 2011年4月1日(金)~6月30日(木)17:00まで

<ご参考>助成事業実施の流れ

・申請書のご提出
・審査
・審査結果のお知らせ
・助成金のお支払い
・事業の実施
・活動報告書のご提出

*事業のご申請から審査結果のお知らせまで、概ね1週間程度を予定しています。



| ホーム |


 BLOG TOP