プロフィール

aoya3

Author:aoya3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

速報

速報

鳥取県境港市の水産加工会社「日吉水産」所有のカニかご漁船第38吉丸(122トン、安藤正史船長ら10人乗り組み)が拿捕(だほ)された事件で、ロシア国境警備当局は29日、極東沿海地方のナホトカ港で、連行した同船の捜査を始めたと発表した。

当局は違法操業の疑いがあると主張しており、漁獲許可の書類を持たずにロシアの排他的経済水域(EEZ)に入った理由などについて安藤船長らから事情聴取し、積載している漁獲物を調べると説明。

安藤船長は冷蔵のカニ、300ケース以上を積んでいると申告したという。

一方、在ウラジオストク日本総領事館は29日、現地に派遣した職員と乗組員らとの面会を要求。早期釈放も働き掛けた。

総領事館は同日、面会が近く実現する見通しになったことを明らかにした。 

総領事館によると、第38吉丸は28日夜ナホトカ港に接岸。

職員は船を現認したが、乗組員との面会が許されず、29日にあらためて折衝した。

ロシア側は、乗組員が全員無事で、健康状態に問題はないと説明しているという。

鳥取県によると、第39吉丸は27日、境港市の北約480キロの「北大和堆(やまとたい)」と呼ばれる水域で拿捕された。

日吉水産によると、同船は漁を終えて停泊中、ロシアのEEZに流されたことに気づき、戻ろうとした際に臨検を受けたという。

第38吉丸がロシア当局に拿捕された問題で、船を所有する「日吉水産」(境港市)の岩田慎介社長が28日午後、記者会見し「銃を持ったロシアの警備員六人に乗り込まれ、連行された」と拿捕当時の状況を明らかにした。

岩田社長は会見で「ロシアのEEZで操業した事実はない。船と船員は速やかに返還されて当然」と訴えた。

共同通信社 海運水産ニュースより


スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

きれいな水≠豊かな海

『海や川に汚水を流さない』ことは法的にも同義的にも当然の責任ですが、『きれいな水(不純物が限りなく少ないという意味で)』が、必ずしも『豊かな海』を育むとも言い切れない事例を耳にしました。

壮大な循環を繰り返している自然を、人間が守ろうとすることの難しさを感じます。

ノリの養殖が盛んな志渡湾近郊の漁業組合が「汚水処理場の排水規制によって海が栄養塩不足となり、ノリやカキの生育に深刻な影響を与えている」と訴え、処理場の排水規制の緩和などを市長らに陳情しました。

同漁協は「海を汚せと言っているわけではない。本来の豊かな海に戻したい」などとしています。

この『本来の豊かな海』が何を意味するのかが大問題なのですが・・・

「本来は山に蓄えられることで、養分を得てから海に流れていた雨水が、森林の保水力減少等により即座に海に流れ込み、海の養分が不足する」ということは確かでしょうが、排水規制の緩和はどうでしょうか。


海守  http://blog.canpan.info/umimori/archive/326

食べちゃダメ

食べちゃダメ

猛毒の「パリトキシン」を内臓にもっていることがある「ソウシハギ」が各地で獲れています。

本来は亜熱帯の魚で、沖縄や高知のサンゴ礁に生息しているのですが、この冬になって瀬戸内海以東でも多く確認されるようになり、カワハギなどに混じって各地で釣られているようです。

食用として人気があるウマズラカワハギにやや似ているため、つい食べたくなってしまうようですが、個体によってはフグ毒の約70倍もの猛毒をもっているため食用は厳禁です。

水産総合研究センターは「海水の高温状態が続けば、生息域がより広がる可能性がある。

また、カワハギは内臓を食べる習慣があるので、特に注意が必要」としています。

| ホーム |


 BLOG TOP