プロフィール

aoya3

Author:aoya3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

命を救ったペットボトル [2008年08月28日(木)]

今日7時ごろのことですが、香川県さぬき市の海岸を散歩していた中学生が、溺れている中学生と知人男性を発見しました。

この中学生は水泳が得意だったことから、近くでバーベキューをしていた男性が持っていた「ペットボトル16本をつないで作ったいかだ」を持って沖合50mまで泳ぎ、2人をこのいかだに掴まらせて救助しました。

救助された2人は低酸素状態に陥っていたものの、病院に運ばれ、命に別状はないとのことです。

溺者救助に際しては、救助にあたる方がパニックを起した溺者にしがみつかれ、共に溺れてしまうケースも多発しています。

そこで重要なのは、一刻も早く「浮くもの」をつかませ、溺者の体と呼吸の安定を図ることです。

といっても、現場には浮輪などがないことも多く、この場合はビニール袋を膨らませたものや、空のペットボトルなどが非常に有効です。

また、ペットボトルなどの軽いものを溺者に投げる際には、少量の水や砂などを入れると投げやすくなります。

多くの方にとっては常識かもしれませんが、漂着ごみ等として、日頃の海岸では嫌われ者のペットボトルの活躍をご紹介しました。

また、若松海上保安部ではペットボトルで作れる救命浮輪等の代用品「浮くっちゃボトル」の作り方を紹介していますので、併せてご紹介します。
スポンサーサイト

若狭湾8月9日

伊根の沖合い  小潮  曇り/晴れ  5時~10時迄

マダイ~89Cm 18枚  レンコ鯛~28Cm 26枚   鯵~38Cm 29匹  カイワレ~25Cm 22匹   ゲソ~48Cm 2匹
2人での釣果です。


寝言

朝はとても気持ちが良い、6時前にポイント着 直ぐに入れ食い状態だが鯵は中型が多い、大きいのは8匹程でした。今日は鯛の食いが良い9時前に大マダイが久し振りにゲットするが・・・ 後ろから船長を呼んでいるので急いで後ろへ 約く15分の格闘の末(*^-^)ヤッターマンでしたが、その後から一匹も釣れないので早目に帰港。
船の上は地獄の暑さの1日でした。

8月2日釣果

8月2日 大潮 曇り  0.5m  鷲崎沖合い(水深72m) おもり60~80
大鯵~40Cm 86匹  真鯛~52Cm 8枚  レンコ鯛~29Cm  16枚  ガシラ~22Cm 7匹  ソイ~58Cm 1匹

寝言
5時出航 鷲崎まで1Hポイント探すのに苦労する6時15分アンカー入れる。 とても潮の流れが早く錘40では100mも出てしまう、皆さん苦労していて 何も釣れないので錘の交換してと、 今度は入れ食い状態が続く、冠周辺に居る共にTELする、錘100でも流され針に餌が付いたまま上るとの事。  坊主だそうです。
冠島周辺でイカが好調、イサギも良く釣れているとの事。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

MSC

魚フライやツナ缶などの原料として欠くことのできないタラやマグロですが、乱獲などにより世界規模で資源の枯渇が心配されています。

そこで登場したのがこの「MSCマーク」で、資源管理に配慮した責任ある漁法を通じて生産されたと認められた商品に貼られています。

昨年ご紹介した際は、国内では始まったばかりの試みだったために認定商品も少なく、スーパーなどではなかなかお目にかかれませんでした。

あれから1年、この取り組みは徐々にですが、確実に浸透しています。

この制度は1997年から始まったのですが、これまでに約1000商品が認定され、国内でも100以上の商品が出回るようになりました。

国内漁業ではホタテやサケ、カニやカレイなどが認定直前となっており、新たな申請が相次いでいるそうです。

と、ここまではいい話なのですが、ある漁業関係者からは「MSC取得には手間と費用がかかり、認定商品はどうしても割高になる。

国内で流通させられれば1番いいが、日本の消費者は価格に厳しいので・・・。

どちらかというと、欧米向けの高級輸出品が対象になるかもしれない。」との声も聞こえます。

確かにMSC制度はイギリス発祥の制度ですので日本より取り組みが進んでいて当然ですが、日本は世界有数の魚食大国なのですから、何としてもこの精神を理解し、お家芸である日本流アレンジを加えて普及させてほしいものです。

最近ではJAや大手スーパーなどもMSC認定商品を扱い始めたようですので、皆さんもちょっとだけ意識してみてください。

持続可能な漁業を確立するには、何より消費者自身の選択が重要なのだと思います。

「多少割高でも、MSCマークが付いているとよく売れる。

うちの漁協もすぐにやろう!」そんな流れを作り出すのは、他でもなく私達消費者なのですから。MSC

若狭湾釣果

7月30日 中潮 曇りのち晴れ 0.5M
マアジ~38Cm 76匹  真鯛~35Cm 4枚  グジ~36Cm 1枚  ガシラ~28Cm  2匹  レンコ鯛~28Cm 9枚 かいわり~18Cm 12匹

寝言
5時出航して 曇り空の涼しい北風をきってポイントに朝のうちは中アジ入れ食い その後大鯵ヒットやった やったの歓声・・・これまでは食いが悪かったが鯵の食いがとても良い 海水温28℃も有る これからが楽しみ もうそろそろ鯖も釣れて来るだろう、 本日大漁11時納竿して帰港するがとても暑い。
餌の件・・・これからはオキアミ3Kとアミエビ(大)が食いが良い。
次回8月2日出航。

| ホーム |


 BLOG TOP