プロフィール

aoya3

Author:aoya3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

知らぬが故の密漁に注意

知らぬが故の密漁に注意

潮干狩りや小物釣りなど、簡単に楽しむことが出来る海洋レジャーに最適な季節が訪れましたが、一方ではルール違反が目立つ時期でもあります。

悪意をもって行われる密漁などは論外ですが、知らぬが故に地域のルールを犯してしまうケースも後を絶ちません。

各海域には漁業権や資源を保護するために、様々なルールがあります。

(例:禁漁期や禁漁区、捕獲禁止の魚介類や禁止漁法など)そこで、各都道府県が定めている海面利用のルールをご紹介します。

「そんなの、いつもやってたよ!」という声も聞こえそうですが、これを機にご自分のフィールドにどんなルールがあるのか正確に理解していただければ幸いです。


船で釣りする場合のルール

遊漁やヨット、モーターボート等を使用した、海洋性レクレーションは今後も増えていくことでしょう。

限りある水産資源を利用する上で、漁業とのトラブルを防止するため、このコーナーでは、日頃、船釣りをする際の疑問や漁場利用協定制度にできる限り簡潔にお答えします。


トローリングはどうですか?

釣りで遊漁できるのは、竿釣りと手釣りだけです。

トローリングは船を航走しながら漁獲する曳縄釣り漁法であるため、漁業者が行うものに限ります。


定置網漁具の周辺で釣りをしていたら注意を受けた。

なぜか?

定置網は、来遊する魚群を網で誘導して獲る漁法です。

魚は音や振動に非常に敏感な生き物です。

漁業者は定置網周辺のことが大変気になります。

また定置網に釣針が掛かっていることがあり、これが網替え作業の時に漁業者が負傷する原因になります。

漁業者も定置網周辺での操業を自粛しています。

どうぞ、ご理解とご協力をお願いします。

知らぬが故の密漁に注意
スポンサーサイト

鬼退治

鬼退治

国際珊瑚礁年ということもあり、各地では様々なサンゴ保護プロジェクトが行われています。

特に、今年は大量発生しているオニヒトデによる食害が深刻であり、オニヒトデの駆除が積極的に進められている海域も多いようです。

「地球の宝である珊瑚礁を守りたい!」との想いから、地道な活動を続けておられる方々には、あらためて敬意を表したいと思います。

今日の萬ニュースは、このオニヒトデについてです。大量発生している状況下ではサンゴを食い荒らす「オニ」のような存在ですが、単純に全滅させればいいということにはなりません。

確かに、限られた海域のサンゴを食害から守るためには駆除は有効な手段だと思いますし、対処療法としては必要でしょう。

しかし、オニヒトデは数十万年もの昔から生態系のメンバーであったはずで、サンゴが減ってしまった根本原因ではないはずです。

懸命に行われている駆除活動を批判するつもりは毛頭ありませんが、異なる意見に耳を傾けることも必要だと思います。

そこで、筆者が集めた研究者などの意見の中から「駆除は万能ではない」とした意見の一部をご紹介します。


『サンゴ保護にとってオニヒトデ駆除は根本解決ではないという意見の一例』

※ 研究者等に個人的見解をうかがったものです。

※ オニヒトデ駆除全面賛成論も多く寄せられました。

※ オニヒトデ駆除に対する『海守』の方針ではありません。

意見1

駆除活動自体は否定しないが、「オニヒトデがサンゴを食べる」ことは自然の摂理であり、サンゴが減少する根本的な原因ではないはず。

意見2

この地球に無駄な生命は存在しないはず。オニヒトデを激減させればきっと別の問題が発生するはず。

意見3

オニヒトデとサンゴの間で保たれてきた微妙なバランスを崩したのは人間ではないか?その結果として増えてしまったオニヒトデを駆除することは第1ステップかもしれないが、問題の根本は解決しない。

本当に必要なのは両者間のバランスを崩してしまった原因を解明し、取除くとこと。

意見4

長い目で見れば、サンゴの世代交代にはオニヒトデが重要な役割を果たしている可能性も高い。


意見5

特定の種が大量発生することは珍しいことではなく、その海域の許容量を越えればエサを食べ尽し消滅する。

種の増減は自然淘汰に任せるべきで、重要なのは自然がその回復力を発揮できる環境を守ることだと思う。

意見6

オニヒトデの完全駆除はほとんど不可能であり、現在行われている『間引き駆除』は自然淘汰(増えすぎた種は減る)を妨げ、オニヒトデ過多状態を慢性化させる危険性もあるのでは?


私にとって、この記事を載せることは大変に勇気のいることでしたが、海とサンゴ、そして駆除活動を続けている方々にとって少しでも有益であることを祈ります。


鬼退治

求む!廃油ボール情報

求む!廃油ボール情報


今月に入り沖縄県を中心に廃油ボールの漂着が相次いでいます。

宮古島の某海岸では300kg以上もの廃油ボールが確認されました。

また、小規模ながら他の数県でも漂着が確認されています。

廃油ボールがあるということは、どこかで確実に油が流出しているわけです。

仮に発見した廃油ボールが少量でも、その情報が油の排出源を特定するきっかけになるかもしれません。

それらしきモノを発見された方は、ぜひ海守事務局までご連絡ください。メール (海守事務局)


求む!廃油ボール情報

①発見者のお名前(匿名可)

②発見日

③発見場所(出来るだけ詳細にお願いします)

④発見した廃油ボールのサイズと量

⑤可能であれば写真を添えてください。

上記を記載のうえ、ご連絡ください

※廃油ボールとは、事故や不法排出などによって海に流れ出した油分が変質したもので、直径数mm~数十cmの黒ずんだ塊求む!廃油ボール情報

| ホーム |


 BLOG TOP