プロフィール

aoya3

Author:aoya3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

若狭湾

大きい文字8月26日 大潮 快晴  0.5m 伊根の沖合い

真鯛~38Cm 12枚 レンコ鯛~30Cm 18枚  マアジ~37Cm 92匹  カイワレ~22Cm 16匹
以上3人

寝言
朝とても涼しく気持ちの良い8時出航 ポイントに3隻プレジャーボートがいるが 青高丸入れ食いなので直ぐに3隻 消える
今年初の入れ食い 食いは↑向き 次回に期待 9月1日出航
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

若狭湾釣果

8月14日 快晴 0.5m 大潮
コショウダイ 41Cm  1枚 マアジ~37Cm 33匹  カイワレ~22Cm 26匹  真鯛~31Cm  2枚  レンコダイ~28Cm 6
枚   以上3人

寝言
ただ暑い 12時納竿  13時帰港青高丸釣果

求む!サンゴの白化情報

求む!サンゴの白化情報

地球上の生物が作り出す最大の天然構造物であるサンゴ礁は
単に美しいだけでなく、海の環境や生態系にとって非常に重要です。
数億年もの間、海に多くの酸素を供給しながら、非常に複雑な生態系を
築きあげてきたサンゴ礁は、まさに「海のゆりかご」であり
命が生まれ、命が集まるところなのです。

サンゴ礁は刺胞動物というグループに属すサンゴ(ポプリ)という
小さな動物が集まって形成されています。サンゴ(ポプリ)は動物ですから
自ら触手を出してエサを採ることもありますし、卵も産めば、ウンチもします。
そして、サンゴは体内に褐虫藻という植物プランクトンを宿し
その褐虫藻が光合成によって生み出した栄養の一部をもらって生きて
いるのですが、白化現象は、この褐虫藻がサンゴから抜け出てしまって
表面が彩色を失い白くなってしまう現象です。
褐虫藻がいなくなり、白い状態が続くと、やがてサンゴは死んでしまいます。
98年に地球規模で発生した白化では、世界のサンゴ礁の1/6が死滅した
といわれています。

白化現象によるサンゴ大量死の原因は、海水温上昇や海へ流れ出る
土砂の影響などが有力視されていますが、詳しいメカニズムは不明です。
今、私たちに出来ることは、簡単な観察例でもいいので、出来るだけ
多くの地点でサンゴの状態を記録し、被害状況のデータ集めに協力する
ことです。

下記の調査項目について、皆さんからの情報提供をお待ちしています!
集められた情報は、海の環境保全活動などを推進している専門家の
集まりである「海辺の環境教育フォーラム・サンゴチーム」によって集計
分析され、貴重なサンゴ礁を守るための基礎データとして活用されます。

≪調査について≫
・「○○のサンゴは白化していない」という情報も貴重なデータになります。
・同じ場所でも、日を変えて繰り返し情報提供してください。(週1回程度)
・なるべく多くの情報を必要としています。お知り合い等にもご紹介ください。

≪調査項目≫

①海岸またはポイント名(詳細にお願いします)
②観察日時
③サンゴを観察した水深
④水温
⑤白化の程度(全体的/部分的/ほとんど白化していない)
⑥サンゴ以外の生物の大量死(有り/無し) ある場合はその種類
⑦報告者名と連絡先
※速報として、場所と日時と白化しているか否かだけでも歓迎です。
※GPS座標や写真があれば添付してください。
※その他、気づいたことがあれば付記してください。
 (オニヒトデの大量発生など)
サンゴの白化情報

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

どこからが密漁なのか?

どこからが密漁なのか?
春になると、多くの貝類が旬を迎えます。
貝類ファンの私(担当:三浦翔太)としては嬉しい季節ですが
夏場に向けて高騰する貝類を狙った密漁が増える時期でもあるのです。

ところで「密漁」や「漁業権」という言葉はよく耳にしますが
「何を、どこで、どれぐらい採ったら密漁なのか?」
といわれると、悩んでしまいませんか?
恥ずかしながら、私もその一員です。
ひょっとすると、知らぬうちに密猟者になっているかもしれません。
そこで、どんな行為が罪にあたるのか簡単にまとめました。
より安全で善良な海遊びの一助となれば幸いです。

まず「密漁」という言葉ですが、漁業関係法令上の用語ではなく
各種法令に違反した行為の俗称です。
≪例:水産資源保護法違反、都道府県漁業調整規則違反など≫
正しい用語ではないのですが、面倒なので以後も使います。

自分で書いていながら恐縮ですが、始めにお断りします。
密漁or密漁にあたらない行為を完璧に定義することは
ほぼ不可能ですので、ここでは全体的なイメージをご説明します。

大雑把に言うと密漁とは以下の3つです。
①免許または許可を得ずに漁業を行った場合
②禁漁や禁止漁法を定めた各種法令に違反した場合
③漁業権を侵害した場合

①の解説
漁業とは法令により指定されている魚種(食べられる大体の魚介類)を
事業として漁獲することです。これには免許や許可がいるわけですね。
レジャー釣り(遊漁)は事業にあたらないのでOKなのですが
問題は「事業」という用語です。
※どこからが事業かというと?
境界線は、最終的に利益を得ていたかどうかが主な基準です。
利益とは販売だけではなく、飲み代の代わりなど営利全般をさします。

②の解説(詳細は都道府県が定めています)
禁漁と知らずに、たまたま釣れちゃった場合は?
→厳密には勉強中ですが、故意でなければ許容範囲かと・・・
また、遊漁者が行うことができる漁法は決まっています。
1、たも網・手網 2、投網(陸からのみ) 3、もり
4、竿釣り、手釣り、 5、つかみどり (以上)
どんな魚であっても、漁師さん以外が1~5以外の方法で
魚介類を獲った場合は、立派な密漁です!
※潜水具(水中メガネなど)を使うのも違反です。
ちなみに、TVの「獲ったど~」は、許可を得てのことだそうです。

③の解説(これには苦労しました)
漁業権というのは特に複雑な法令で、なかなか歯が立ちませんが
「基本のキ」をお伝えすべく頑張りました。
雑ですが、素人が知っておくべき内容としては、いい線かと・・・

ここでいう漁業権を超端的に説明すると
「その海域に定着している特定の魚介類を獲る権利」です。
※対象になる魚介類は地域ごとに若干は異なりますが
海藻類、貝類、タコ、エビ、ウニなどは、ほとんどの海域で対象です。
漁業者は、これらの魚介類を所有しているわけではないのですが
「一般人の漁獲によって数が減り、漁業権を侵害された」
となる訳です。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP